ゲストさん
見える! 不動産価値 - LIFULL HOME'S

神奈川県の不動産価値や価格推移の情報

神奈川県の中古マンション価格の推移

一般的なファミリー向け中古マンション価格(※)の3ヶ月ごとの推移です。
価格(万円)
神奈川県の価格推移

※ 築10年/70平米/10階建の5階部分を条件にAI査定した参考価格

直近3年間の価格推移

神奈川県の標準的な物件の価格は直近の3年間で5.36%程度上昇しています。

この3年間の価格上昇率を内訳でみると、初年度が2.80%2年目が2.02%3年目が0.55%となっています。

買い時・売り時について

神奈川県の価格推移は直近の3年間で見ると上昇傾向となっており、資産価値としては高くなっていると言えます。
市況の状況によって売り急ぎや買い控えを考えがちですが、タイミングは個人のライフプランや経済状況により異なります。現状を把握し、住み替えや住み替え後のコストも考慮した上で判断するようにしましょう。

神奈川県で中古マンション価格の高い市区町村

神奈川県の市区町村を直近3年間の中古マンション価格が高い順でランキングにしました
  1. 1
    横浜市西区  (5073万円)
  2. 2
    横浜市中区  (4886万円)
  3. 3
    川崎市中原区  (4870万円)
  4. 4
    川崎市高津区  (4274万円)
  5. 5
    川崎市幸区  (4196万円)

神奈川県で中古マンション価格の上昇傾向が大きい市区町村

神奈川県の市区町村を直近3年間の中古マンション価格の上昇率が大きい順でランキングにしました
  1. 1
    逗子市  (16.76%)
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
    大和市  (11.92%)

神奈川県で人気のある市区町村ランキング

LIFULL HOME'Sで中古マンションの検索数が多い神奈川県の市区町村をランキングにしました
更新:2019年05月
  1. 1
    横浜市中区  (4.25%)
  2. 2
  3. 3
  4. 4
    横浜市南区  (3.73%)
  5. 5
    横浜市西区  (3.73%)

※( )内の数値は、神奈川県全体の検索数に対する市区町村の検索数の割合です

神奈川県の人口増減

人口増減率 全国 5位 (+0.9%)
神奈川県の人口における年齢割合
2015年の国勢調査によると神奈川県の総人口は912万6214人となっており、前回調査(2010年度)に対し、0.9%程度増加している。
これは全国平均の人口増加率-0.8%を1.7ポイント上回る結果となっている。

また、各都道府県ごとの人口増加率と比較すると、神奈川県は全国で5番目の増加率である。
神奈川県の中で見ると、最も人口増加率が高いエリアは川崎市中原区(+5.8%)で逆に最も低いエリアは足柄下郡箱根町(-14.9%)となっている。

神奈川県に住む人口の平均年齢は45.0歳となっており、各年代ごとの内訳は15歳未満が12.6%、15歳〜64歳が63.5%、65歳以上が23.9%となっている。
全国の65歳以上の人口割合(26.6%)と比較すると2.7ポイント程度低い結果となった。平均年齢は全国で5番目に低く、少子高齢化の影響が比較的小さいエリアといえる。

神奈川県の市区町村の人口増加率ランキング

神奈川県の調査対象の市区町村の中で最も人口増加率の高い街と、その逆の最も低い街をランキングにしました

BEST 5

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

WORST 5

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

神奈川県の駅周辺の不動産価値を知る

もっと見る閉じる

関連サービス